読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観測地紹介~護摩壇山(ごまさんスカイタワー)編~

観測地紹介

このブログ立ち上げた理由の1つに観測地紹介したいっていうのがあります。

 

というわけで、関西有数の観測地である、護摩壇山で天体観測する時の場所、環境などを紹介していきます。

ごまさんスカイタワーという道の駅の駐車場で星を見ます。

関西で天体観測をする上では非常に環境がいい場所です。

立地はアレだけど。

 

最近この記事へのアクセスが地味に多いので加筆します。(H29.2.8)

 

1.立地

護摩壇山は、金剛峯寺で有名な高野山のさらに南にあります。

高野龍神スカイラインという山の尾根に沿った道をひたすら上がっていき・・・

「道の駅ごまさんスカイタワー」というところです。

 

f:id:ttooonnnn:20161110001606j:plain

遠いね!

僕は大阪府東部から奈良を経由して行くのですが、だいたい150キロぐらいあります。

 

 

2.ルート

高野山まで

大阪、奈良、和歌山市内方面から行く場合、ルートは限られてきます。

今回はこっち方面の人向けで書きます。(紀伊半島南部の方ごめんなさい)

 

各地→和歌山県橋本市かつらぎ町付近→高野山→ごまさんスカイタワー

 

橋本市、もしくはおとなりのかつらぎ町まで来たら高野山へ上がりましょう。

ということで以下の地図を御覧ください。

 

f:id:ttooonnnn:20170208235954j:plain

 

ルートが主に3つあります。

①国道371号線ルート(右)←短いけど酷道ルート

②国道370号線ルート(真ん中)←ほどほどルート

③国道480号線ルート(左)←おすすめルート

 

僕は全て走ったことがあります。

運転に自信の無い方は①は避けたほうが良いでしょう。 

道中、すれ違いができない箇所が多々あります。

距離は一番短いけど、一番時間がかかると思います。

 

②、③は途中で同じ道に合流します。

②は、合流地点まで細めのカーブがきつめな山道です。

③は、合流地点までずっと2車線で、カーブもそこまできつくありません。

大回りですが、走りやすいので②と変わらないぐらいの時間で合流地点までいけるでしょう。

合流してからは、すごくクネクネした山道です。

が、後ろから車が来ても待避できる場所が多いです。

運転に自信が無い方でもまだ走りやすいと思います。

 

 

高野山から護摩壇山まで

高野山に着くと、大門という真っ赤な門が左手に見えます。

大門の近くにファミリーマート高野山があります。

そこが護摩壇山までの最後のコンビニです。

 

高野山からは、高野龍神スカイラインという道を走っていきます。

ひたすら山の尾根を上がっていく山道です。

道中、鹿には気をつけましょう。

僕は何回も轢きかけています。

30キロほど山を上がっていき、頂上が「道の駅ごまさんスカイタワー」です。

 

3.観測場所

道の駅の駐車場で見ます。

流星群の時、新月期の週末などは多くの観測者で賑わいます。

僕は平日にしか行かないのでだいたい無人か数人です()

現地はこんな感じです。

 

f:id:ttooonnnn:20161110232120j:plain

f:id:ttooonnnn:20161110232117j:plain

※2014年夏頃撮影

※2014年の天文冬の陣流星分科会で使用しています

超霧なのは勘弁してください!

 

4.視界

 

f:id:ttooonnnn:20161110232120j:plain

再利用ですみません。これ北です。

北の方は大阪の光害で明るいです。

小高い丘みたいのがあります。

 

f:id:ttooonnnn:20161207184054j:plain

 

南にはスカイタワーがそびえ立っています。

この写真が、おおいぬ座がほぼ南中してる時です。

この時は駐車場の真ん中よりちょっと南よりの位置に陣取っていたので、

もっと北に寄ればもうちょっと見れるのかなあと。

 

西と東

西は写真がありません!すみません!

南の写真の右側にちらっと木が並んでると思いますが、それが続いてる思ってください。

また撮っときます。

東が下の感じです。

 

f:id:ttooonnnn:20170209004031j:plain

 

 

よく分かりませんね!

まあこんな感じです。

雄大な山々が広がっています。

柵が若干邪魔ですが、10度ぐらいはあいてるんじゃないかな?

 

 

5.設備

トイレ

道の駅なのでトイレも完備です。

f:id:ttooonnnn:20161110232652j:plain

※この写真は2014年度天文冬の陣流星分科会で使用しています。

 

基本的に24時間開いています。

ただし、水洗の方はタイミングによってはシャッターで封鎖されてます。

その時は、同じトイレの建物の奥側に汲み取り式のがあります。

そこを使ってください。

電気自動車充電スポット

僕は日産リーフのような電気自動車で星を見に来た方を見たことはないですが・・・

これから先、電気自動車プラグインハイブリッドがさらに普及したら、そういった車で天体観測に行く人も増えるかもしれません。

そんな方にも安心。

電気自動車の充電スポットも設置されています。

f:id:ttooonnnn:20161110232111j:plain

昼間はいいんですが、夜は青々と光って若干邪魔です。

僕はこれから離れて、なおかつ間に車を止めて対応しています。

そうすれば気になりません。

 

携帯の電波

SoftBankは4Gが入ります。

auは4年ぐらい前には入ってました。今は分かりませんごめんなさい。

docomoは詳細不明ですがとりあえず入るっぽいです。

 

その他

飲料の自動販売機、公衆電話があります。

 

6.光害

光害ですが、北のほうは明るいです。

梅田がありますからね・・・大阪市中心部はここまで来ても明るい。

ですが、その他の方角は非常にきれいです。

僕がここにしか来ないのは、ここに来すぎて他のとこじゃ満足できなくなったからです。

f:id:ttooonnnn:20161110233814j:plain

2016年8月、護摩壇山にて

 

7.注意点

冬季閉鎖

標高1300m級の山です。

当然、冬は雪がつもります。

そのため、12月半ばから3月後半まで、高野龍神スカイラインが冬期通行規制期間になります。

この期間中、高野龍神スカイラインは夜間通行止めで封鎖されます。

なので、真冬は観測にこれません。

気温

標高1300m級です。

夏でも20℃切ります。

冬は、12月頭で推定-6℃ぐらいでした。

夏でもしっかり装備していきましょう。

 

龍神温泉

護摩壇山からさらに南に30分ほど車を走らせると、龍神温泉という温泉があります。

www.ryujin-kanko.jp

龍神温泉元湯というところに、いつも観測明けに行ってます。

端的にいうと最高です。

朝7時からやってるので朝にも行けますし、夜も21時までやってるので観測前にも行けます。

700円です。

冷えた体を温めるには最高です。

8.最後に

ここは関西でもトップクラスに環境がいいところです。

観測で行きはじめて4年ちょっとですが、ここほどやりやすいところはないです。

遠いのが難点ですが、関西ではこの辺までこないと光害から逃げられない。

冬季閉鎖になっちゃうので、冬場使えないのが惜しいですね。

もしよかったら行ってみてください。