読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観測地紹介~猪名川天文台編~

久々の観測地紹介!

今回は兵庫県猪名川町にある、猪名川天文台をピックアップします。

大野山という山にあります。

ここは僕が大学に入り、はじめて「天体観測」というものに連れて行ってもらった場所です。

その後、何度も後輩たちを連れてきた場所です。

そんな思い出の場所。

 というわけでいってみましょう!

 

1.概要

・割と都心部から近い

・そんなにひどい道はない

・ちゃんとトイレがある

という3点です。

新月期の夜とかに行くと望遠鏡を持って来ている人もいます。 

 

HP↓

猪名川天文台 Astropia Top

2.立地

兵庫県猪名川町というところにあります。

猪名川町猪名川天文台とカーナビで検索しても出ると思いますし、

「大野山」という名前でも呼ばれています。

 

 

f:id:ttooonnnn:20170512222516p:plain

大阪駅から車で下道で1時間半ってとこです。

大阪からめっちゃ遠くはないですね。

 

3.ルート

どの方面から来てもルートはそれぞれで限られてきます。

東西南北全てのルートを書くとキリがないので、細かいところは割愛させていただきますが・・・すみません。

通る可能性が高い道がこの青い線です。

f:id:ttooonnnn:20170519001042p:plain

便宜上、川西能勢口駅スタートにしてますが、兵庫県道12号線というやつです。

川西篠山線とも呼ばれます。

赤い丸の中に猪名川天文台があります。

快走路で、ちょこちょこコンビニもあるので走りやすいと思います。

 

そして猪名川天文台の直前の道がこんな感じ。

f:id:ttooonnnn:20170519001850j:plain

直前3キロが難関です。

行き違いのできない細い山道が続きます。

ただ、上りと下りのそれぞれで一方通行になってるので行き違いの心配はいりません。

山の入り口あたりの勾配が急なので、車高の低い車、人がたくさん乗ったワゴン車は底をするかもしれません。

ゆっくり行きましょう。

 

また、山道に入ったら野生動物よけのスピーカーが1箇所設置されています。

車が通ったらけたたましい犬の鳴き声が響き渡ります。

多分びっくりするのでお気をつけて。

 

4.観測場所

駐車場

山道を上りきると、まず手前にキャンプ場が現れます。

さらに進んでいくと駐車場があります。

f:id:ttooonnnn:20170519002907j:plain

見ての通り、砂利で斜めになっています。

望遠鏡を出す場合、ちょっと水平にするのに苦労します。

 

天文台周辺

この写真の位置から左を見ると天文台があります。

f:id:ttooonnnn:20170519003007j:plain

坂を登る必要があります。

カメラだけとかだといけると思いますが望遠鏡やら赤道儀はだいぶ頑張らないといけません。

f:id:ttooonnnn:20170519003106j:plain

登りきったら天文台です。

f:id:ttooonnnn:20170519003211j:plain

f:id:ttooonnnn:20170519003237j:plain

こんな風に平らなところで観測ができます。

大学時代はここにたむろしていました。

 

なので、選択肢としては

・駐車場で見る←斜めだけど、大きめな機材はこっち

天文台周辺で見る←小さめの機材ならこっち

です。

ただ、視界的な観点からも天文台周辺の方がいいとは思います。

 

5.視界

駐車場付近

あまり写真がありませんすいません。

そこまで水平方向に開けていないので、割と真上のを望遠鏡とかで見る形になるかと思います。

f:id:ttooonnnn:20170505215049j:plain

視界の写真になるかは不明ですがこれ南です。

天文台も入れた星景写真とかならいい感じになるかなあ・・・

 

西

f:id:ttooonnnn:20170519002907j:plain

これが西です。

割と開けています。

 

北と東

ありません!!!すみません。

ただ北は無理です。

西の写真の右側が北なのです。

木が生えてて割と厳しい。

 

天文台周辺

f:id:ttooonnnn:20170519004001j:plain

そこそこ?って感じです。

関電の施設があります。

篠山の町あかりが少しあります。

が、概ね良好です。

f:id:ttooonnnn:20170519004045j:plain

多分これ東です。

何もありません。

 いい感じ。

西

f:id:ttooonnnn:20170519004158j:plain

だいぶ開けています。

ていうかコメントが思いつかない()

西は三田の町あかりが少しあるかなあと。

 

えー南も非常に開けています。カノープスも見えそうなぐらい。

ただ問題は光害です。

f:id:ttooonnnn:20170519004449j:plain

大阪平野を一望できてしまいます。

超明るい!!!

夜景という観点では非常に良いです。

 

南が明るいですが、他の方角はそこそこです。

 

6.設備

トイレ

あります。

写真はありません。

キャンプ場なので24時間開いているトイレがあります。

そのあたりは心配無用です。

 

天文台

f:id:ttooonnnn:20170505215141j:plain

天文台も併設されています。

木曜~日曜で営業してます。

昼間はプラネタリウムをやっています。

夜は観測会をしているみたいです。

なお僕は中に入ったことはありません!

 

7.光害

正直、護摩壇とかレベルでは見えません。

ただ、僕がはじめて天の川や満点の星というものを見たのはここです。

まだ手軽に行ける範囲と考えると十分すぎるぐらいだと思います。

ただ、写真はないです!!!

なので上にも貼った南の写真でごまかします。

南に大阪平野が広がっているので南は非常に明るいです。

が、その他の方角はそれなり。

f:id:ttooonnnn:20170519004449j:plain

 

8.注意点

気温

ここは大野山とも呼ばれる山です。

なので、平地よりも気温が低いです。

5月頃でもダウンを持っていかないといけないような気温です。

防寒対策はきっちりとしましょう。

 

冬は雪がつもります。

特に、到着直前の道は勾配が強いので雪の時は危険です。

冬は気をつけましょう。

 

キャンプ場

天文台周辺はキャンプ場になっています。

5月頃でもテントでキャンプをしている人がいます。

夜中だと寝ている人もいるので、あまり騒ぐと迷惑になるかもしれません。

きちんと周りを見ましょう。

 

天文台周辺は高台なので風が強いです。

特に春はすごいです。

幾度となく苦しめられてきました。

気をつけましょう。

 

9.最後に

ここは僕がはじめて天体観測に連れて行ってもらった場所です。

そして後輩たちをはじめての天体観測に連れて行く時も必ずここでした。

割と都心から近く、環境も悪くない。

アクセスが良いのでそれなりに人気がある場所なのかなあと思います。

運転にあまり自身がないけど星を見たい!という方は一度行ってみてもいいのではないでしょうか。

 

というわけで猪名川天文台編でした!

 

 

f:id:ttooonnnn:20170519011206j:plain